新着情報

引っ越しのコツを理解していこう

転勤や就職、上京など様々な理由にがあって引っ越しをしていきます。そんな引っ越しを上手に実施するためには、準備の段階からしっかりと行なっていく必要があります。そこで、引っ越し準備にあたって知っていると便利な情報を把握していくと良いですよ。

上手に荷造りをする方法BEST3

no.1

使用しないものから箱詰めを行なう

引っ越しをする際に必ず行なうことに、この荷造りが挙げられますよね。荷造りは持っているものを新居まで運ぶためにも重要な作業と言えます。そんな荷造りでは、使用しないものから先に箱詰めをしていくと良いでしょう。その方が効率良く引っ越し準備が出来ますよ。本や使用していない食器、季節外の衣服などは先に箱詰めしておくのをおすすめします。

no.2

荷造りは玄関から遠い部屋を先にする

部屋の中にあるものを荷造りしていくので、どの部屋から荷造りをしていくかを知っておく必要があります。上手に荷造りするためには、玄関から遠い部屋を先にすることです。遠い部屋から荷造りをすることで、生活スペースを荷物で圧迫せずに住みますよ。玄関近くの部屋から荷造りをしてしまうと、リビングや廊下などに荷物が溢れかえって大変なことになるでしょう。

no.3

段ボールに荷物の詳細を書く

段ボールに荷物を入れてガムテープで止めてしまうと、箱の中身を確認することは困難になってしまいます。それが原因で、どの段ボールに荷物を入れたか分からくなってしまうことがあります。このようなミスを防いで、効率の良い引っ越しをするためには、荷物を詰めた段ボールの側面に「入っている荷物の名前」や「この荷物を収納する部屋名」などを記載していくと良いでしょう。

引っ越し準備で気を付けたいコト

家具のミニチュア

事前に情報を集めていくことが大事

引っ越し準備として、荷造りなどを円滑に進めていくためにも前もって情報を集めていくことが大事と言えるでしょう。まず、引っ越しをする人数や範囲によって変わりますが、荷造りに必要な道具や段ボール数、梱包方法などを知っておくと良いです。

不用品はしっかりと処分する

荷造りなどをしていると、どうしても不用品が発生してしまうでしょう。もう使用しないものに関しては、新居に持っていかずにそのまま処分をした方が楽です。もし、不用品が発生した場合は処分を後回しにせずに、しっかりと対応していくと良いですよ。不用品は地域によって処分の仕方が異なりますので、もし処分し忘れたらそのまま新居まで持っていくことになるので、非常に面倒です。そのため、不用品の処分も十分な注意が必要ですよ。

広告募集中